Our Products

製品情報

KITARO DryLab

机太郎ドライラボ

机太郎ドライラボは、顕微鏡もフェイコマシンも使わずに病院や自宅の机の上で、CCC、核分割手技、IOL挿入、自己閉鎖創作製や縫合のフェイコ手術の重要なステップの教育・訓練を行うツールです。
指導者は、医局の机の上で若手医師の手を取った手術手技の指導を行うことができます。
若手医師は、自宅の机の上で実際に手を動かして繰り返しの練習を行うことができ、ライバルに差をつけることができます。
手術室やウェットラボ室で行うウェットラボは効果的ですが、そう何度も行えません。しかし、CCCや創を支点とした器具操作は、そう簡単にマスターできるものではなく、繰り返しの練習を行い体で覚えるものです。机太郎ドライラボは、場所を選ばず、どこでもいつでも繰り返しの練習や指導が行えるので、それらのテクニックをマスターすることができます。

Anterior capsule film

前嚢フィルム | CCC

厚さ5㎛の特殊二層構造のポリエステルフィルムと、模擬皮質として樹脂粘土を使用して人眼そっくりのCCCを再現します。

Segmented Plastic Nucleus

プラスチック分割核 | 基本器具操作、3種類の核分割手技

Divide & Conquer、Stop & Chop、Phaco Chop法の3種類の模擬核を、模擬器具を使って分割したり回転させたりして、基本器具操作と核分割手技を学びます。

 
Polymer-Clay Nucleus

ポリマークレイ核 | Phaco Chop法、Prechop法

実際に刺したり割ったりが行える特殊な樹脂粘土製の模擬核で、Prechop法やPhaco Chop法の練習に最適です。この核は分割した後に指の中でこねて再生して使います。

Sclerocorneal Sheet

強角膜シート | 自己閉鎖創作製、縫合

人眼強角膜と類似のナイフの切れ方を示す特殊樹脂製シートで、自己閉鎖創作製や縫合の練習を行います。

 
Oculomotor Device

眼球可動装置とマスク | リアルな手術感覚

器具操作による眼球運動の発生や、眼瞼からの抵抗により、人眼手術に近いリアルな手術感覚が再現されます。